銀行ローンの審査について

銀行ローンの審査

低金利のローンを利用したいという時は、銀行のローンがいいのではないでしょうか。銀行からのローンは、住宅を購入する時に使うことが多いようですが、銀行のローンは他の金融会社に比べて審査が厳しくなりがちです。長期固定金利サービスであるフラット35も人気がありますが、審査が厳しく、誰でも借りられるというものではありません。民間銀行でも、地方銀行や都市銀行は、住宅ローンの融資を盛んに宣伝しています。とくに民間の銀行と不動産会社が提携している場合にはかなり低金利でローンを組むことが可能です。民間の銀行の場合、抽象的なある程度の基準だけはあるものの、確かな審査基準というものが公表されていません。フラット35と比較すると、年収での制限は甘く設定されているようです。年が若く、定収入でも、一定の条件を満たしている人であれば、頭金なしで低金利の全額ローンを利用することができるといいます。勤続年数が3年以上で、安定した年収があることが、低金利のローンを銀行から受けるためには必須の条件であるとい割れています。業種や、どんな会社かも審査では問われます。契約社員で働いていたり、自営業をしている人は、審査が通りにくいといいます。他のローンの借り入れ状況なども見られるので要注意です。他にもさまざまな部分で審査がされますが、明確な基準というのは各銀行によって違います。少なくとも正社員で3年以上働いていて安定した収入のある人は低金利という大きなメリットのある銀行ローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

>>消費者金融|審査をどうしても通したい方!5つのポイントに戻る